ベトナム旅行記3 ボッタクリの明細

 

 

 

八百屋とかカフェでSIMカードは販売されてはいる。

いるのだが。

「うーん、知識のある専門店で買いたいな。」

ホテルのそばを散策してると携帯電話の販売店があったのでSIMカード所望の旨を伝えると取り扱っていないとの事だった。

 

 

ホーチミン 08/05/2016

ホーチミン 08/05/2016

SIM販売店が見つからず、歩き回る。

SIM販売店は見つからないけどヨソものにとっては街歩きは別の発見の連続で面白い。

SIM見つからない。悪くない。

 

 

IMG_3155

ホーチミン 08/05/2016

 

 

 

「日本人!何をさがしてるんだ?」

その間に何人ものバイクタクシーに声をかけられたが無視。

 

 

「すぐに見つからなくてもいいんですよ」

メンドクセー男です。

一人旅で良かった。

 

IMG_3196

ホーチミン 08/05/2016

 

ホテルまわりの繁華街はおおよそ踏破した。

そろそろ観光スポット巡りでもするかな。

 

 

バイクタクシーからのナンパ待ち。

 

 

フォンさんが声をかけてきた。

 

「日本人?」
「ノート見て見て!!沢山日本人乗せたよ。」
「どこ行く?」
「料金はあなたが決めていい。」

「ノート」を見た。

 

そこにはマルチリンガルで「フォンさんいいひと!」のコメントが列記されている。

 

無論、日本語とて。

日本人コメントはだいたい要約するとどれも3段構成。

「最初フォンさんに声をかけられた時は怪しいなぁって思いました。」

「でもすごく優しい人です、美味しい店にも連れて行ってくれて大満足」

「これを読まれている日本人の方に私のこのコメントが詐欺の片棒を担いでるとおもわれたら残念ですが(笑)この人は信用出来ます!!」

 

 

 

「疑っている人は私のFACEBOOKページを見てくださいね!アカウント名は*****です(*^▽^*)」
とか
「ベトナムにお父さんが出来ました!」
とか
「ひったくりからバッグを奪い返してくれた!」
みたいな英雄的エピソードまで。

 

 

 

 

すばらしい。

 

 

 

 

 

 

アタシ、全部フェイクだと思います。

信用しません。

はい、あたしゃ、スレた心の持ち主です、笑。

 

 

 

 

多分元締めに日本人がいてゴーストライターをやっているんでしょう。
テキスト自体は間違いなく日本人が書いています。
筆致でわかりますよね。

で、結果?
そのまま騙される事にしました。
いいんです。
一人旅なんだ。

 

 

 

 

アタシを騙してると思ってるあなたを騙されたフリして騙すのよ

 

 

 

 

なんせ今夜18時の飛行機でニャチャンへ向かう。
ここホーチミンでの時間がないもんね。

 

 

 

さぁ観光スポット巡りに行こうぜ!

「ネゴシエーションのアトラクション付き」バイクタクシーの1日チャーターです。

 

 

おそらくフォンさん懇意のお茶屋。観光客のお買い上げでキックバックを得るのでしょう

フォンさん懇意のお茶屋に連れて来られた。観光客のお買い上げでキックバックを得るのでしょう。何も買わず。

 

ホーチミン 08/05/2016

ホーチミン 08/05/2016

 

ホーチミン 08/05/2016

ホーチミン 08/05/2016

 

 

ホーチミン 08/05/2016

ホーチミン 08/05/2016

 

ホーチミンミュージアム 08/05/2016

ホーチミンミュージアム 08/05/2016

 

 

ホーチミンミュージアム 08/05/2016

ホーチミンミュージアム 08/05/2016

下調べも十分にしないでベトナムに来たもんだから、フォンさんのホーチミン観光案内は短時間でいっぱい廻れて効率的だった。

 

聖マリア教会 ホーチミン 08/05/2016

聖マリア教会 ホーチミン 08/05/2016

 

郵便局 雑貨屋さんも入っています 08/05/20116

郵便局 ポストカードと切手のお土産。雑貨屋さんも数軒入っています 08/05/20116

 

 

 

ユニオンスクエア ホーチミン08/05/2016

ユニオンスクエア ホーチミン08/05/2016

 

ユニオンスクエアはセントラルパーク的な広場。

 

 

 

開放感があって気持ちがよい

 

 

夜はまた様子が変わる。

ユニオンスクエア ホーチミン08/05/2016

ユニオンスクエア ホーチミン08/05/2016

 

おそらく殆どのバイクタクシーのライダーがそうだと思うんだけど、情報通です。
表ホーチミンの事も裏ホーチミンの事も、笑。

 

 

IMG_3323

ホーチミン08/05/2016

 

IMG_3324

ホーチミン08/05/2016

 

観光地化された大きい宗教施設だったらいいんですけど、こういったローカルの拝観料も取らないような小さな寺院で写真を撮りまくるのもなんだか不躾ですね。。。

もうやめよっと。

 

 

IMG_3329

ホーチミン08/05/2016

 

 

 

IMG_3331

ホーチミン08/05/2016

 

 

効率的に観光スポットを廻れたのはやはりバイクの機動性でしょう。
そしてその無法ぶりのおかげ。

 

 

 

 

ベトナムのバイクの運転にはルールがありません。

ヘルメットひとつとっても、
工事現場メットからはじまり
ミリタリーメット、ヘッドギア(オウム真理経みたいな)まで様々。

びっくりしたんだけど、
シャンプーハットのおばさんもいた。

 

 

 

もちろんノーヘル率も高いです。
マスク着用率の方がヘルメット着用率より高いんじゃない?

 

 

 

携帯いじりながらももちろん可。

 

 

 

町中に警察官もいるんですけど、一切取り締まりしません。
ムリでしょうね。あの違反の数じゃぁ。
日本式に照らすとほとんど違反だもん、笑。

 

 

 

好き勝手の無法地帯だけど、滞在中に事故に一度も遭遇しませんでした。
クラクション鳴らしまくっていますが小競り合いなんてありません。

 

 

 

なんと言うんですかね、

いい加減と良い加減のバランスを体得してるんですよ。
ハッキリ言ってタイのタクシーの運転の方が怖かった。

日本だと運転を巡る小競り合いなんてしょっちゅうでしょ?

 

 

 

最初の頃は道路の横断も緊張したけど、何となく対向車と呼吸を合わせられるようになってくる。

 

 

 

バインセオと生春巻き 08/05/2016

バインセオは米粉をターメリックで色つけした生地で具材を巻き込みサニレタで更にそれを巻き、ソースにつけて食すガレットみたいなん。これは本当に美味しい!VEGANアレンジもしやすいと思う。

 

でね、
このフォンさんの運転がまたすごいのよ。

一方通行進入、信号無視、歩道走行。

だから機動性がさらに上がると言う、笑。
市街地は慢性渋滞なんだけどこの歩道走行でどれだけショートカット出来た事か、笑。

 

 

 

 

別れ際、
フォンさんがドが付くほどの近眼だったと知ったとき、交通標識オール無視も合点がいった。

動体視力だけで街を駆る。

 

結構危険なアトラクションだったんだな。。。

これだけやってくれたらあの「仕込み」ノートのコメントじゃないけど「わたしは大満足でした」

 

 

飲むとジャリっていいます。(白砂糖)

飲むとジャリっていいます。(白砂糖)体が甘い物を欲している。飲み干した。

 

 

 

 

 

15:52pm タンソンニャット空港手前のカフェ

 

フォンさんへ今日一日の料金の支払いだ。

 

 

 

宿泊先のホテルフロントのスタッフに

「バイクタクシーを1日チャーターした場合、幾らくらいあげればいい?」

って相場を訊いておいた。

「100万くらい。。。かな。」

「日本人なら」
っていう言葉を付け加えると相場の理解も滑らかだ。
「ちょいボリ」または「良心的ボリ」で100万が相場ってこと。

 

で、フォンさん、おいくら万ドン?

 

 

 

 

「あー、っとねタクシー代は170万ドン」
とフォンさん

 

 

 

 

きました!ボオーーッタクリ!

 

 

 

 

100万は日本人相場、70万はボラれたというより「チップ」ってアタシは受け止めたよ。

 

 

170万ドン=日本円で8000円くらい?

 

 

その価値があったと思う。

問題無し。

他のライダーだったら払ったかな?わからん。

 

 

 

 

貴様のようにバイクタクシーの提示額通り払えば日本人はチョロいって思われカモにされるだろ?

って思う人がいるかも知れないけど、そこはその都度ご自分で対価として真っ当か価値観と照らして交渉し切り抜けてください。

それが厭ならベトナムへはパック旅行で行かれた方がよろしいかと思います。

 

 

 

 

 

値下げ交渉はするつもりは無かったけど、どんな言い訳をするのか反応を見てみた。
これもアトラクションなのです。

 

 

財布をバックから出したものの焦らしながら

 

「あれ、フォンさん支払いはこちらの言い値でイイって言ったよね?」

「相場は200万くらいだよ」

「相場は関係ないよ、こちらの言い値でイイっていったじゃん?アレはなんなの?」

 

 

またまた「ノート」を出して他の日本人のページを繰りながら、彼らの満足度の話をしたり、子どもの話を出したり。

同じ様な話がループしだしたので、潮時。

170万ドンを値引き無しで渡しました。

 

 

 

 

国内線の空港ロビーに到着。

フォンさんありがとう!

気持ちよくぼったくられてニャチャンへ飛びます!

 

 

誰も損していないよ。WIN WIN

 

 

 

フォンさんには滞在最終日にメコン川に行きたいなーって話をしといた。

 

 

フォンさんノリノリ♪

「じゃ、11日の12時着だな?この到着ロビーで待ってるから」

 

言い値を支払う日本人の上客ゲットー!

 

 

 

 

 

 

フォンさん、ごめん。
あくまで願望。予定なんだ。

予定は未定。

 

ボクは多分その約束を破る事になるだろう

冷たい人間の仲間入りさ

 

 

気ままな一人旅。
メコン川は当日その時のテンションで決める事にするね。

 

この旅では何も誰とも約束したくない。

 

つづく

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中